レーザー脱毛と光脱毛の違い

光脱毛 レーザー

脱毛,レーザー,光

   暖かくなるとやたらと脱毛系の広告を街中でたくさん見かけるようになります。あれだけの広告を出すには莫大の広告予算が必要であり、それだけ広告代金を支払ってもペイし、更にお店は利益が出る訳ですから希望者の需要が大変多い事がわかります。そのような季節にはお店も大変混雑し、予約待ちや順番待ち等面倒なので、家庭用の機器で済ませちゃうって方も多いのも現実です。

 

   しかし、しっかりとプロにおこなってもらいたいという方は、広告(格安、簡単・・・等)にまどわされず、まずはその業界の中身をしっかりと理解してから予約や出向きましょう。まずは、大きく分けて2つの選択肢となります。

 

医療クリニック系 or エステサロン及び専門サロン系

 

医療脱毛クリニック = レーザー脱毛が主流
エステサロン及び専門サロン = 光脱毛が主流

 

医療脱毛クリニック

 

   日本の法律では永久脱毛は医療機関でしか行えません。ということで、目的が永久であるならば医療クリニック系に行くわけですが、方式は医療レーザーが主流です。あと絶縁針脱毛という種類もありまして、毛穴に針を刺し通電を行い毛根を破壊します。このように絶縁針脱毛は毛を一本づつ処理して行いますので、医療レーザーより確実な成果が期待できるのですが、痛みが強いのやし所要時間も長く料金が高価という面もあり、最近では冒頭で記しましたようにレーザーが主流となっているようです。

 

メリット
・完了までが比較的早い(エステサロン及び専門サロン等の半分〜3分の1の回数で完了できます。)
・効果が高い(俗に言う永久脱毛と呼ばれるものを得られます)
デメリット
・料金が高い
エステサロン及び専門サロン等などと比較しますと、料金は高めです。
・痛み
効果の強いものを得られる半面痛みが伴います。

 

エステサロン及び脱毛専門サロン

 

   医療脱毛クリニックのように永久というものは望めませんが、ある程度の期間の効果を期待できます。特に最近では、エステサロンの中でも脱毛に特化した専門サロンが元気です。特化することにより運営費をとことん抑え、その分お客様に低価格を提供できる仕組みが構築されており、その需要も多く爆発的に店舗数を増やしております。運営方法としましては時代に合ったニーズをしっかり汲んでいるのではないでしょうか。

 

メリット
・圧倒的な料金の安さ
広告等でほとんどの方が目にされてらっしゃるとは思いますが、無料カウンセリングやら期間キャンペーン両ワキ100円〜等、誰もが目を留めてしまうのでは!?
・店舗数の多さ
地方在住の方でも比較的に近場にあると思われます。

 

その圧倒的代表格が誰もがご存知のこちら ⇒ ミュゼで100円脱毛☆

 

   最初に激安をウリにして、勧誘が多いお店が多いと言われる中、ミュゼは勧誘が無いと口コミでは非常に評価の高いお店ですので安心なのではないでしょうか。そういった評価が人気を更に上げて店舗も増えるのでしょう。

 

デメリット
・永久脱毛は望めません。
上記で記しましたように、医療機関ではありませんので永久はおこなえません。
・時間がかかる
効果が感じられるまでに時間がかかります。とはいえ、通うのと通わないのでは効果の違いは明確に現れます。しかし産毛のような細い毛に関してはなかなかやっつけれないと思います。とはいえ、料金から考えますと、専門サロンに需要が集中するのも理解できます。

 

光脱毛 自宅

 

さて、自宅で利用する機器はレーザー or 光 ??

 

脱毛,レーザー,光

 

レーザー脱毛

 

   単一の波長のレーザーを用います。出力が高く(効果は高い)痛みを感じることが多く、クリニックでは麻酔クリームを事前に塗り痛みを軽減させています。基本医療クリニックのみで扱われているものですが、家庭用として販売されているものもあります。当然、医師ではなくても扱えるように出力は弱く設定され、使用できる部位はメーカーにより限定されてます。

 

 

 

 

脱毛,レーザー,光

 

光脱毛

 

   照射する波長がレーザーとは全く異なっており、光の特徴としては、複数の波長にて広範囲に照射します。レーザーとは異なり光は出力が一定限に制限されており専門医でなくとも誰でも安全に扱えますので、家庭用脱毛器のほとんどが光方式で販売されております。効果としては、不再生と謳い、永久とは謳えない程度の効果です。とはいえ、利用するのとしないのでは違いは明確です。光でも充分かと。

 

 

   私の感想としましては、普段から意識されてらっしゃれば家庭用脱毛器で充分なのでは!?と思っております。露出が多くなる季節に慌てて対策される方も多いかと思われますが、そういう時期は皆同じような方が多いので、格安店は殺到しオンライン予約やらも混雑します。とはいえ、秋から冬にかけての厚着な時期にはおろそかにしがちなのは、私も人に意見できるマメな人間ではありません。

 

   面倒なのでプロにお願いするのも一つの選択肢ですが、面倒だから自宅でというのも選択肢です。ただし、自宅で機器を使用する場合の注意点ですが、機器の購入価格に最初に目がいきがちなのですが、私の経験上、購入してしまうと長年利用すると思われます。そうなってきますと、カートリッジ等のランニングコストが蓄積されてきますので、最初のキット価格だけでなく、使用毎のランニングコストもしっかりと把握すること。また、機器によっては利用できる部位が指定されるものもありますので、よく注意して検討しましょう。家庭用レーザーと光の両方使用しましたが、私は光(フラッシュ)をお勧め致します。

 

   もし、今検討されてらっしゃるならば繁忙期をずらして普段からサロンに通っておくか、いつでもどこでも利用できる家庭用脱毛器で対策されるかであると思います。いずれにせよ、思いついた時から効果がしっかり感じられるまでには多少なりとも時間差はありますので、「善は急げ」かと思います。

 

脱毛器人気ランキング